未分類

性病クラミジアの治療について

性病クラミジアは、クラミジア・トラコマチスの感染が原因で発症する性行為感染症であり、ジスロマックやジェネリック医薬品のアジーなどの抗生物質による薬物治療が行われています。
性病クラミジアは、発症時に排尿痛やオリモノの異常などの初期症状を発症する感染患者もいますが、男性感染患者の約50%と女性感染患者の約75%が無症状と言われ、適切な治療が行われる事無く重症化するリスクの高い性病です。
クラミジアの治療は、ジスロマックを第一選択薬とする医療機関が大半を占め、病原菌のクラミジア・トラコマティスのタンパク質合成に必要不可欠なリボゾームのサブユニットと結合する事でタンパク質合成を阻害し、クラミジア・トラコマティス自体の弱体化と増殖を抑制する医療効果が期待出来ます。

ジスロマックは、主成分のアジスロマイシン換算で500mgを1日1回の服用を3日間継続し、治療開始から3週間後~4週間後にクラミジアの再発の有無を確認します。
ジスロマックは、小腸での吸収効率と患部組織への移行性及び医薬成分濃度移行濃度を飛躍的に高めたアジスロマイシンを主成分としただけで無く、治療に必要な医薬成分を安定的に長時間放出する特殊な製剤方法を導入しています。
そのため、アジスロマイシン換算で1,000mgを一回服用するだけでクラミジアの治療が可能です。

ジスロマックは、人間のサブユニットには作用しないので基本的に副作用が少ない抗生物質です。
病原菌のクラミジア・トラコマティスだけで無く整腸作用を有する腸内細菌に対しても増殖抑制効果を発揮してしまうので腸内細菌のバランスが崩れ下痢となる服用者もいます。
重篤な副作用としては、体質や体調によって過敏症や血液成分の異常及び粘膜障害などが発現します。
薬物代謝が行われる肝臓と排泄型の行われる腎臓の機能が低下している高齢者や既往歴のある患者は、急性腎不全や重篤な肝機能障害を発症する事もあるので担当医に相談する必要があります。
ジスロマックは病院で処方されるのが一般的ですが、安全性を踏まえたうえで、ジスロマックは通販でも買えることも念頭においておくといいでしょう。

無症状で感染に気付かない場合も多い

性病クラミジアは、クラミジア・トラコマチスに感染する事が原因で発症する性感染症です。
DNAポリメラーゼ阻害効果を持つアジスロマイシンを主成分とするジスロマックやジェネリック医薬品のアジーなどの抗生物質による薬物療法が行われています。

性病クラミジアは、感染患者の大半が初期症状を自覚する事の無い無症状の場合が多く感染に気付かず放置し悪化させてしまう事が多くあります。
初期症状が無症状な感染患者が多い背景には病原菌クラミジア・トラコマチスの特性と特異な増殖サイクルがあります。
病原菌クラミジア・トラコマティスは、急激な増殖スピードでインフルエンザウイルスの様に感染細胞内で複数に増殖はしません。

感染細胞内で48時間~72時間かけて1個のクラミジア・トラコマティスが2個に増殖するので増殖による発熱や炎症などの自覚症状を発症し難い特徴があります。
病原菌クラミジア・トラコマティスは、増殖サイクルが遅いだけで無く、感染細胞内で細胞に対する悪影響が非常に少ない封入体を形成してしまいます。
そのため感染患者の免疫システムが正常に機能し難く炎症の発症リスクが非常に低く、病原菌クラミジア・トラコマティスの総数が少ない発症初期は特に自覚症状の無い無症状な感染患者が多くなってしまいます。

性病クラミジアは、潜伏期間が感染当日~1週間程度の男性に対して女性は2週間前後~3週間と長い事に加え、発症初期に無症状な感染患者の割合が8割以上と非常に高く、男性よりも女性の方が重症化する確率が高くなっています。
女性は、クラミジア・トラコマティスが膣や子宮頸管部で繁殖する事で膣炎や子宮頸管炎を発症するものの発症に気付かない事が多く、卵管炎や卵巣炎を発症してしまう女性患者が多くいます。
しかし、卵管炎も卵巣炎も炎症がかなり重症化しないと自覚症状が無く、最悪の場合には高熱や激痛を伴う骨盤内腹膜炎や肝周囲炎を発症する事もあります。