未分類

性病カンジダの治療について

性器が眠れない程に痒い等の違和感が生じた場合は、性病カンジダを発症している恐れがあるので注意が必要です。
この性病カンジダは男性でも発症するケースがありますが、女性の方が発症する可能性が高い症状となっています。
女性の場合は凡そ5人に1人の割合で発症するとも言われているので、身近な疾患として用心しなければなりません。
しかも性病カンジダは性器だけでなく、口の中でも発症する事があるのでこの点にも注意が必要です。

性病カンジダは、身体の中の常在菌であるカンジダ菌が異常増殖する事により症状が生じます。
異常増殖する事で、痒みや炎症といった厄介な症状を引き起こす病気です。
そんなカンジダ菌の多くは性器の周囲に存在しているので、基本的に性器で症状が発生する事が多くなっています。
痒みや炎症を伴う症状なので、発症した場合は出来るだけ早く治療したいと望む人が多いでしょう。

性病カンジダを早く治療するには、薬を使う必要があります。
男性の場合は比較的完治し易いので、外用薬のみの治療となるケースが多いです。
女性の場合は男性程に簡単に治療は進まないケースが少なくないので、一般的には外用薬だけでなく膣錠と組み合わせて治療します。

更に女性の場合は、早く治療するための有効的な方法として病院で膣内洗浄を行う事も珍しくありません。
膣内洗浄でカンジダ菌や余計なおりものを洗い落とす事により、膣内の清潔さを取り戻す事が可能です。
そのため、女性にとってこの症状を治療するためには、必要な処置となるケースもあります。
膣内洗浄に抵抗を感じる女性は少なくありませんが、早く治したいなら思い切って受けるべきです。

性病カンジダは治ったからといって、直ぐに安心すべきではありません。
この症状は治ってもぶり返す恐れがあるので、治療を終えた後も患部の清潔さを保つ必要があります。
特に蒸れは症状を悪化されたり、再発させる原因となるので衣類の通気性を考慮する事もきちんと治療するためには重要です。

免疫力を落とさないように注意

カンジダは男性・女性に関わらず発症する可能性がある性病です。
ただ、男性の場合には女性とは異なり性器を清潔に保ちやすい環境にあるために重症化することは少なく、異常にも気付きやすいことから、その分早期に治療を開始することができます。
カンジダは女性における症状が広く知られていることから、女性の性病という印象が強く持たれています。
一方で性交渉以外の原因でも引き起こされることが特徴の1つであり、実際にカンジダを発症するケースの多くは特別な感染経路のない自己感染であると言われています。

カンジダが口の中など性器外にも発症する理由は、菌そのものが体の様々な場所に存在している常在菌だからです。
つまり、感染経路が無くても発症してしまう可能性は誰にでもあり、大きく関係するものとして免疫力の低下が指摘されています。

通常カンジダ菌は免疫力の働きによって増殖が抑えられており、この場合悪さをすることはありません。
しかし、何らかの原因で免疫力が低下するとカンジダ菌を抑え込むことができなくなり、異常増殖することで様々な症状が現れるようになります。
女性を例にとれば、通常膣の中には様々な菌がおりバランスが保たれています。
カンジダ菌が増えることでバランスが崩れてしまい、膣炎などの症状を引き起こしてしまうことになります。

免疫力の低下は、睡眠不足やストレスなど日常生活のちょっとした不調の積み重ねでも簡単に起きてしまいます。
風邪などの疾患はもちろんのこと、寝不足や疲れなどでも起こるために注意が必要になります。

カンジダの治療は、基本的には医療機関で診察を受け処方される医薬品で対処します。
一方で、医薬品を個人で購入する場合には注意が必要になります。
むやみな抗生物質の服用は免疫力の維持に必要な善玉菌まで駆除してしまうことになります。
治療には抗生物質の服用が不可欠となるものの、自己判断での使用は注意をする必要があります。